2022年05月10日

小さきロックギタリスト

大型連休も明けての5月半ばに差し掛かるところ。

春の入会キャンペーン中につき、現在体験レッスン継続中の方が何名かいます。
みなさん最初は不安だったり緊張したりでいらっしゃいますが、少しでもギターを楽しく感じてもらえると嬉しいです!

さて、ビーンズギター教室でエレキギターを始めて2年目の現在小学3年生。
少しずつコツコツと練習を積み重ねてきています。
いま練習している曲がとても上手になったのでちょっとだけご紹介。

ピッキングの加減とかがちょうど良くてなかなかいいサウンドが出せているんです♪
かっこいいですよね!今後の成長も楽しみです♪

ビーンズギター教室ではただいま春の入会キャンペーンを実施中!
今週末、5月15日(日)までにお問い合わせいただければキャンペーン適用です♪
この機会にぜひ新しい一歩を!!
お気軽にお問い合わせください♪
電話03-6767-8084 メールbeanzstudio@gmail.com
posted by endo at 22:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月26日

春の入会キャンペーン2022

今日は風が強くそして暖かい1日。
春一番だったのでしょうか。

ビーンズギター教室では3年振りに春の入会キャンペーンを実施します!
期間は3月27日から5月15日まで!

3月に年度末を迎え4月から新生活がスタートする人も少なくないでしょう。
そんな節目のこの季節に新しいことにチャレンジ!
ギター教室に通い始めてみませんか?

2022春の入会キャンペーン

その1体験レッスン30分無料


その2☆無料体験レッスンを受けた方には、
改めて2回目の体験レッスン30分を1コイン(500円)で提供します。

その3☆さらに!ご希望であれば
もう1回、1コインで30分のレッスンをします。
(これらは初回の体験レッスンの日から4週間以内に受講の場合に限らせていただきます。)

つまり、4週間の間に3回の体験レッスンが1000円で受けられるということです!!

「1回の無料体験レッスンでは正直よく分からないな〜…」という場合でも、3回通ってみれば少なくともどんな先生のどんな教室かは分かっていただけるはずです。教室のことやギターについての疑問・質問や悩みをどんどんぶつけて下さい!

その4☆そしてさらにさらに!
この機会に入会した場合には入会金免除!の特典も付けます♪

4月から新たな気持ちで新しいことにチャレンジしたいのは山々だけど新生活に伴い4月一杯くらいはいろいろ忙しい…という方も多いのが実情ですよね。
そこで!春の入会キャンペーンはGW明けの5月15日まで実施します。

さあ、このタイミングにギターを習い始めてみませんか?ちょっと迷っているアナタ、今が一歩踏み出すチャンスですよ!

小さいお子さん(概ね4才以上推奨)からシニア世代まで幅広く歓迎します!お気軽にお問い合わせください♪

レッスンについて
感染症対策について
講師について

ビーンズギター教室
電話03-6767-8084 メールbeanzstudio@gmail.com
posted by endo at 22:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月25日

ご来場ありがとうございました

さて、あっという間に二週間ほど過ぎてしまいましたが、
3月11日と13日のライブ無事に終えることができました♪

席数を減らして企画しなければいけない現状。
たくさんの人に聴いてほしい、でも多くは呼べないという状況。
いったいどれくらいの人が聴きに来てくれるか不安もあったものの。

11日の自由が丘hyphenでは会場のお客さんも定員に達し、さらにMUSERでの配信で見ていただいた方も多数。

13日の保谷C'est la vieのほうも2回公演の試みでしたが1部は定員、2部もほぼ定員という盛況。
IMG_9299.jpeg
(写真提供:C'est la vie)
ライブ会場に来ていただいた方、そして配信で観ていただいた方
本当にありがとうございました!感謝でいっぱいです♪

聴いていただいた皆さんがフランシス・マヤの歌に感動した、癒されたといって、ある人は笑顔で、ある人は涙目で、声を掛けてくださったので、イロイロな面での不安がありながらも今回のライブを決行して本当に良かったと思いました。
IMG_9300.jpeg
(写真提供:C'est la vie)
そして、自分としてはこの地域でライブをしたことで、普段なかなかライブなどに行けないという身近な人たちにもたくさん体感してもらえたりしたことも自身の良い糧となりました。

以前の当たり前が当たり前でなくなってしまった今だからこそ生の音を届けていく意味もある気がしています。

ありがとうございました。
posted by endo at 22:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする